スマートフォン版を表示

メッキ(めっき)技術
清川メッキTOP > めっき技術 

理論と経験に基づいたメッキ技術は
電子部品、半導体、自動車医療、宇宙、精密機械など
幅広い産業に使用されております。

バンプ、UBM、TSVめっき
12インチウエハに対応するめっき

様々なめっき条件を管理し、お客様の仕様を損なうことなく極小の製品を自動機による変種変量生産を可能にしました。300ミリウエハーの無電解メッキ加工によりフリップチップ実装の低コスト化を可能にします。

技術名 主な技術紹介記事の内容
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
半導体パッケージへのめっき展開 小型化、高密度化、高性能化が進む半導体パッケージの実装に対応するめっき技術です。
電解マイクロバンプめっき技術 電解めっきとフォトリソ技術を駆使してマイクロバンプを作製いたします。
無電解UBMめっき技術 パワーデバイスや各種メモリウェハなど半導体ウェハのUBMに無電解めっきをおこないます。
半導体へのバンプめっき 半導体チップを半田実装するうえでのバンプ形成を説明いたします。
TSV向けめっき技術 シリコンウェハやガラスウェハの孔にめっきにて金属を埋め込む技術です
‘フォトリソ’って何? 感光性のレジストを用い、露光装置でパターンを描写することで部分めっきや電鋳品を制作します
WetでのCu再配線形成技術 PI上への無電解めっき
有機系の汚れを除去するUV照射装置 プリント基板のめっき前に有機系の汚染物質の除去ができ、安定した品質のめっきがとなります。
半導体用語解説シリーズ 半導体めっきの関する専門用語を解説します。

緻密、凝集対策により
新素材開発の応用めっき

開発の本当の意味を知る人間は、「できない」という言葉を決して口にすることはありません。ありえないこと、存在しないこと、できないことを実現するのが、清川メッキの真の仕事であり、使命です。 清川メッキの技術力は、不可能といわれた粉体への電気メッキを可能にしました。

技術名 主な技術紹介記事の内容
粉末の粒度分布測定のいろいろ 粉末材の大きさと分布状態の測定方法をご紹介いたします。
紛体抵抗測定システム 各種形状の紛体抵抗率を広範囲に測定出来ます
紛体への導電性付与 樹脂やセラミック紛体にめっきし、導電性を付与することができます。
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
粉体へのめっき技術 ミクロンサイズ粉末にナノレベルのめっきを付けることで導電性や耐摩耗性、耐食性などの特性を付与する
粉体めっきの豆知識 粉体へのめっきは膜厚が要!
ニッケル水素電池の開発 ニッケル水素電池の開発(科学技術振興事業団 独創的研究成果育成事業)

0402mm〜大型、ネットワーク部品、
多連、モジュール部品の接合めっき

チップ部品、多層基板、モジュール基板、LTCC、そしてウエハパンプ。接合メッキ技術のすべてを経験し知っているからこそ、月産数十億という、膨大な生産能力を実現する高度な技術が実現しています。

技術名 主な技術紹介記事の内容
抵抗機能を持つ無電解3元合金めっき 合金めっきとは2種類以上の金属を同時にめっきする方法です
微小電子部品への金めっき技術 微小電子部品への金めっき技術について御紹介していきます
受動部品(ネットワーク部品)の端子間 膜厚バラツキ抑制 複雑な内部回路を持つ受動部品のめっきでの端子間膜厚バラツキを低減させます
電子部品向け半田めっき 長期信頼性の点で、宇宙・航空・自動車産業などで使用されています
パイボーラ現象 バレルめっきで起こりやすい、めっき不良です。
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
微小電子部品向けめっき技術 0603、0402と更なる小型電子部品への対応力と量産実績でお客様のニーズにお応えします
0402 / 0603電子部品機能メッキ 35年の実績から裏付けされたメッキ設定方法
チップ部品の問題解決 チップ部品 最先端接合めっき技術
電子部品鉛フリーメッキ 変化にいち早く対応し、業界でトップの切り替え実績
SMDへのAuめっきとSn(半田)めっきの使用用途について 電子部品(主にSMD)の最表層に付加するめっき皮膜について用途に応じた各種対応いたします。
セラミックおよびプリント基板へのめっき LTCCなどのセラミック基板およびプリント基板の電極部への無電解Ni/Auめっき
無電解錫メッキ 厚付け無電解Snめっき可能,装飾用・電子部品用の対応可能
バレル用めっきメディア バレルメッキ用ダミー全10シリーズ、粒径0.3mm〜1.3mm(粒径別に10品種)まで取り揃えています。

MEMS、小型、軽量、
省エネ技術に貢献するめっき

宇宙産業からバイオ・医療分野まで、最新の技術と最良の環境、柔軟なソフト開発力と産学官の技術交流をリンクさせた総合力。小型、軽量、消費電力削減に貢献するナノめっき技術が未来を拓きます。

技術名 主な技術紹介記事の内容
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
ナノめっき ナノめっき「JAPAN TECHNOLOGY nano PLATING」

滑る、低摩擦性、自己潤滑性、
耐摩耗性に対応するめっき

創造的な生産ラインに職人的な高い技術と能力を備えた社員育成・配置をすることで、お客様が求める品質に対応することができます。滑りやすい、水を弾く、離けい性が良い!これまでの非常識を常識にする技術開発力があります。

技術名 主な技術紹介記事の内容
複雑形状に対応した無電解撥水ニッケルめっき 無電解Ni-PTFE複合めっきを複雑形状品にも均一にめっきを行う事が出来ます。
高摺動性めっき技術 低摩耗性ですべり性が良好、自己潤滑性を有し耐磨耗性に優れている
無電解撥水メッキ 撥水性良好(接触角110度),耐磨耗性、摺動性が良好
機械要素技術メッキ 硬い、すべる めっき技術 1.

耐摩耗性、硬度、機械特性など
機械要素技術めっき

第六感を含む人間の潜在能力は、今も機械、コンピュータでは判断しえない誤差、方式を見つけ出すことができます。複合メッキ技術を含む各種メッキ技術は、終わりなき「チャレンジ」への原動力なのです。

技術名 主な技術紹介記事の内容
アルマイト(カラー) 腐食を著しく抑える、多孔質皮膜のため塗装のための前処理として有効
鉄素材とめっき 鉄および鉄系素材にはどの様な物が有るか。また、めっきとの相性について説明いたします。
炭素鋼への表面処理 一般的に密着性が悪い、外観ムラになりやすい難素材である炭素鋼に、綺麗なめっきを行います
チタンへのめっき 軽く、強く、耐食性が良い材料ですが、チタンとは何か、チタンへのめっきについてご説明いたします。
硬質クロムめっき 耐摩耗性に優れ、寸法精度確保のため薄付けにも対応
硬質アルマイト 弊社の長年培ってきたアルマイト技術と環境技術をミックスしたアルマック
無電解ニッケル・ボロンめっき 析出時点で約800Hvの高い硬度を有しており、耐摩耗性に優れています
機械要素技術メッキ 硬い、すべる めっき技術 1.

撥水性、滑り性、汚れ付着防止など、医療関係にも利用できます。

幾多のチャレンジは、1個の試作からはじまります。あらゆる要望、注文にもフレキシブルな生産体制にてお応えしています。清川のメッキは、製品の表情を豊かに保つめっきです。

技術名 主な技術紹介記事の内容
MEDTEC Japan2016展示会 医療分野に活用できるめっき技術情報をご紹介いたします
高耐食性金めっき技術 薄付の金めっき被膜でも電解質溶液中での耐食性が良好です。
チタンへのめっき 軽く、強く、耐食性が良い材料ですが、チタンとは何か、チタンへのめっきについてご説明いたします。
医療向けめっき技術 医療の分野においても使用可能なメッキ技術です

無電解めっき

技術名 主な技術紹介記事の内容
電解めっきと無電解めっき 電解めっきと無電解めっきの違いをイラストと動画で分かり易く説明いたします。
複雑形状に対応した無電解撥水ニッケルめっき 無電解Ni-PTFE複合めっきを複雑形状品にも均一にめっきを行う事が出来ます。
抵抗機能を持つ無電解3元合金めっき 合金めっきとは2種類以上の金属を同時にめっきする方法です
鉄素材とめっき 鉄および鉄系素材にはどの様な物が有るか。また、めっきとの相性について説明いたします。
アルミ系素材とめっき アルミ系素材へのめっきの方法について御説明いたします
脱脂とは 製品上の油分や汚れなどの除去など、めっきの出来映えに大きく影響する脱脂について御紹介します
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
無電解メッキ(全般) 無電解メッキ特集 用途に応じた無電解メッキをご紹介します
無電解めっきの膜厚均一性 無電解ニッケルめっきの膜厚均一性についてご説明します
無電解金メッキ ニッケル腐食がなく、ノーシアン浴対応可能
無電解銀メッキ 装飾から電子部品まで、お客様のニーズに合っためっき仕様にて対応いたします
無電解銅メッキ 色々な樹脂材料にめっき可能,・アスペクト比30のスルホール内にめっき可能
無電解ニッケルメッキ 鉛レス無電解Niめっき対応、LTCC基板、エンプラ、Siウェハ等の難素材にもめっき対応
無電解錫メッキ 厚付け無電解Snめっき可能,装飾用・電子部品用の対応可能
無電解撥水メッキ 撥水性良好(接触角110度),耐磨耗性、摺動性が良好
無電解ニッケル・ボロンめっき 析出時点で約800Hvの高い硬度を有しており、耐摩耗性に優れています
無電解Ni/Pd/Au 無電解Ni/Pd/Auの優位性(耐 無電解Ni/Au)について

電気めっき

技術名 主な技術紹介記事の内容
電解めっきと無電解めっき 電解めっきと無電解めっきの違いをイラストと動画で分かり易く説明いたします。
電解めっきでの膜厚分布改善 遮蔽板を用いての電解めっきでの膜厚分布の改善事例
鉄素材とめっき 鉄および鉄系素材にはどの様な物が有るか。また、めっきとの相性について説明いたします。
微小電子部品への金めっき技術 微小電子部品への金めっき技術について御紹介していきます
アルミ系素材とめっき アルミ系素材へのめっきの方法について御説明いたします
脱脂とは 製品上の油分や汚れなどの除去など、めっきの出来映えに大きく影響する脱脂について御紹介します
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
電気金めっき 装飾用・電子部品用の対応可能、耐食性・耐酸性に優れている
電気銀めっき 金属の中では最高の熱・電気伝導度を保有
電気銅めっき 軟らかい(Hv50)、内部応力が少なく、機械加工性に優れる
電気 ニッケルめっき 鉄鋼の表面処理に適した性能を保有(外観・硬度・内部応力・延展性・機械加工性・磁性)
電気亜鉛めっき 六価クロムフリー対応、鉄、鋼製品のさび止めに効果が大きい
硬質クロムめっき 耐摩耗性に優れ、寸法精度確保のため薄付けにも対応

特殊めっき

技術名 主な技術紹介記事の内容
抵抗機能を持つ無電解3元合金めっき 合金めっきとは2種類以上の金属を同時にめっきする方法です
受動部品(ネットワーク部品)の端子間 膜厚バラツキ抑制 複雑な内部回路を持つ受動部品のめっきでの端子間膜厚バラツキを低減させます
炭素鋼への表面処理 一般的に密着性が悪い、外観ムラになりやすい難素材である炭素鋼に、綺麗なめっきを行います
チタンへのめっき 軽く、強く、耐食性が良い材料ですが、チタンとは何か、チタンへのめっきについてご説明いたします。
チタン材へのカラーリング 純チタンやチタン合金上に陽極酸化処理にて、カラーリングを行うことができます
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
無電解撥水メッキ 撥水性良好(接触角110度),耐磨耗性、摺動性が良好
無電解ニッケル・ボロンめっき 析出時点で約800Hvの高い硬度を有しており、耐摩耗性に優れています
黒色表面処理(光学機器部品/電子部品印字下地など) 一概に黒と言っても、光沢あり、つや消し、ナシジ処理などなまざまです。
複合めっき 樹脂やシリカ等の粒子をめっき皮膜中に取り込ませる事で、めっき皮膜だけでは得られない特性を付与できます
再生めっき(剥離→再生めっき) 設備メンテナンス時の部品の再生めっきのために剥離技術
六価クロムフリーメッキ 環境負荷物質である亜鉛めっきクロメート品六価クロムフリー
0402 / 0603電子部品機能メッキ 35年の実績から裏付けされたメッキ設定方法
電子部品鉛フリーメッキ 変化にいち早く対応し、業界でトップの切り替え実績
機械要素技術メッキ 硬い、すべる めっき技術 1.
高摺動性めっき技術 低摩耗性ですべり性が良好、自己潤滑性を有し耐磨耗性に優れている

アルミニウムの陽極酸化

技術名 主な技術紹介記事の内容
アルミ系素材とめっき アルミ系素材へのめっきの方法について御説明いたします
陽極酸化(アルマイト)処理 アルミ上に酸化膜を作ることにより、硬く耐食性が良いアルミ材にすることが出来ます
硬質アルマイト 弊社の長年培ってきたアルマイト技術と環境技術をミックスしたアルマック
アルマイト(カラー) 腐食を著しく抑える、多孔質皮膜のため塗装のための前処理として有効

化成皮膜処理

技術名 主な技術紹介記事の内容
黒色表面処理(光学機器部品/電子部品印字下地など) 一概に黒と言っても、光沢あり、つや消し、ナシジ処理などなまざまです。
化成処理 硫化物や酸化物の皮膜にて耐食性や塗装の密着性を向上させる技術です
黒化処理 黒色表面処理は装飾はもちろんですが光学系部品など幅広い分野に多く使用されています。
リン酸マンガン皮膜処理 被処理品が複雑な形状のものでも均一な皮膜を得ることができる
黒染 黒色の美しい、そしてある程度のサビ止め効果をもっている。

色調・装飾

技術名 主な技術紹介記事の内容
黒色表面処理(光学機器部品/電子部品印字下地など) 一概に黒と言っても、光沢あり、つや消し、ナシジ処理などなまざまです。
めっき皮膜 色のバリエーション 素材、前処理、めっき種類、めっき膜厚によりめっきの表情が変わります。
化成処理 硫化物や酸化物の皮膜にて耐食性や塗装の密着性を向上させる技術です
黒化処理 黒色表面処理は装飾はもちろんですが光学系部品など幅広い分野に多く使用されています。

知って得するめっき技術

技術名 主な技術紹介記事の内容
複雑形状に対応した無電解撥水ニッケルめっき 無電解Ni-PTFE複合めっきを複雑形状品にも均一にめっきを行う事が出来ます。
抵抗機能を持つ無電解3元合金めっき 合金めっきとは2種類以上の金属を同時にめっきする方法です
微小電子部品への金めっき技術 微小電子部品への金めっき技術について御紹介していきます
受動部品(ネットワーク部品)の端子間 膜厚バラツキ抑制 複雑な内部回路を持つ受動部品のめっきでの端子間膜厚バラツキを低減させます
炭素鋼への表面処理 一般的に密着性が悪い、外観ムラになりやすい難素材である炭素鋼に、綺麗なめっきを行います
粉末の粒度分布測定のいろいろ 粉末材の大きさと分布状態の測定方法をご紹介いたします。
チタンへのめっき 軽く、強く、耐食性が良い材料ですが、チタンとは何か、チタンへのめっきについてご説明いたします。
半導体へのバンプめっき 半導体チップを半田実装するうえでのバンプ形成を説明いたします。
高耐食性金めっき技術 薄付の金めっき被膜でも電解質溶液中での耐食性が良好です。
磁石へのめっき技術 Nd系およびSm系の磁石に、防錆、接着性向上目的としてニッケルめっきが出来ます
半田濡れ代用試験 Snめっき済みのチップ部品の半田濡れ性を評価する装置です
パイボーラ現象 バレルめっきで起こりやすい、めっき不良です。

今さら聞けないめっき技術

技術名 主な技術紹介記事の内容
複合めっき 樹脂やシリカ等の粒子をめっき皮膜中に取り込ませる事で、めっき皮膜だけでは得られない特性を付与できます
電解めっきと無電解めっき 電解めっきと無電解めっきの違いをイラストと動画で分かり易く説明いたします。
電解めっきでの膜厚分布改善 遮蔽板を用いての電解めっきでの膜厚分布の改善事例
鉄素材とめっき 鉄および鉄系素材にはどの様な物が有るか。また、めっきとの相性について説明いたします。
アルミ系素材とめっき アルミ系素材へのめっきの方法について御説明いたします
めっき皮膜の硬度測定 めっき皮膜の硬度(硬さ)を測定する方法を御紹介いたします
めっき皮膜の内部応力 めっき皮膜の内部応力(引っ張り、圧縮)および測定方法について御説明いたします。
化成処理 硫化物や酸化物の皮膜にて耐食性や塗装の密着性を向上させる技術です
脱脂とは 製品上の油分や汚れなどの除去など、めっきの出来映えに大きく影響する脱脂について御紹介します
陽極酸化(アルマイト)処理 アルミ上に酸化膜を作ることにより、硬く耐食性が良いアルミ材にすることが出来ます
黒化処理 黒色表面処理は装飾はもちろんですが光学系部品など幅広い分野に多く使用されています。
‘フォトリソ’って何? 感光性のレジストを用い、露光装置でパターンを描写することで部分めっきや電鋳品を制作します
めっきの密着性試験法 めっき皮膜の密着力を測定する方法です

バレルめっき

技術名 主な技術紹介記事の内容
微小電子部品への金めっき技術 微小電子部品への金めっき技術について御紹介していきます
バレルめっき バレルと言うめっき用容器にて小さな部品や製品を一度に大量にめっき処理する事が出来ます。
受動部品(ネットワーク部品)の端子間 膜厚バラツキ抑制 複雑な内部回路を持つ受動部品のめっきでの端子間膜厚バラツキを低減させます

展示会資料

技術名 主な技術紹介記事の内容
カーエレクトロニクス展2017 カーエレクトロニクスに貢献する技術内容をご紹介いたします
MEDTEC Japan2016展示会 医療分野に活用できるめっき技術情報をご紹介いたします
ネプコンジャパン2016 ネプコンジャパン2016での技術内容をご紹介いたします
医療機器 開発・製造展(MEDIX) 医療機器を開発・製造するための技術を集めた専門技術展
MEDTEC Japan2015展示会 医療分野に活用できるめっき技術情報をご紹介いたします
ネプコンジャパン2015 電子部品はもとより、医療、自動車など様々な分野に活用出来ます
MEDTEC2014Japan展 医療分野にも活用できるめっき技術情報をご紹介いたします
ネプコンジャパン2014 ネプコンジャパン2014での技術内容をご紹介いたします
セミコン・ジャパン2013 セミコン・ジャパン2013での出展内容をご紹介させていただきます。
ナノ・マイクロ・ビジネス展 ナノ・マイクロビジネス展(2013年)
ページTOPへ