ISO/計量証明事業所 QUALITY

ISO9001,ISO14001

1994年に ISO 9001, 1997年に ISO 14001 の認証を業界に先駆けて取得。
また2015年11月11日には、2015年度版への切り替え認証をどこよりも早く取得し快挙を達成。マネジメントシステムと事業を一体化させたしくみ作りで実績を積んでおります。

  • 品質保証規格 ISO 9001:2015

    1994年2月登録 / 日本環境認証機構(JACO)

    めっき加工品の設計・開発及び製造

  • 環境規格 ISO 14001:2015

    1997年11月登録 / 日本環境認証機構(JACO)

    めっき加工品の設計・開発及び製造、受託分析

ISO/IEC17025

清川化学研究所として、2008年に 業界初の認定取得。
認定範囲における試験報告書には認定シンボルを付与することができ、国際的に通用するものとなります。試験所運営としてのマネジメントシステムに加え他試験所との実力比較や技術の維持、公平・公正であることが求められます。

  • 試験所認定 ISO/IEC 17025:2017

    2008年2月登録/日本適合性認定協会(JAB)

    機械・物理試験、化学試験

認定範囲の詳細

  • 化学試験
  • 機械物理試験
水質 排水
排水中に含まれる金属分析

試験対象項目 : B,Cu,Zn,Pb,Cd,Mn,Fe,Ni,Sn,T-Cr

試験方法 : JIS K 0102

有害物質の分析 RoHS分析
ICP-OESによる精密分析

試験対象項目 : Hg

試験方法 : IEC62321-4

試験対象項目 : Cd,Pb,Cr

試験方法 : IEC62321-5

6価クロムの判定

試験対象 : Cr(Ⅵ)

試験方法 : IEC62321-7-1

金属表面処理 めっき膜厚
顕微鏡断面試験方法

試験対象 : めっき

定量範囲 : 1μm≦膜厚

試験方法 : JIS H 8501 9

蛍光X線式試験方法

試験対象 : 金属素地上の電気めっき品、金属素地上の化学めっき品

定量範囲 : Niめっき 1.729μm ≦ 膜厚 ≦ 9.20μm
Crめっき 0.020μm ≦ 膜厚 ≦ 0.083μm
Znめっき 2.41μm ≦ 膜厚 ≦ 21.7μm
Snめっき 1.155μm ≦ 膜厚 ≦ 9.41μm
Auめっき 0.050μm ≦ 膜厚 ≦ 0.863μm

試験方法 : JIS H 8501 13

耐食性試験
中性塩水噴霧試験

試験対象 : めっき及びそれを施したもの

試験方法 : JIS H 8502 7.1
JIS Z 2371

フェロキシル試験(定性)

試験対象 : 鉄鋼素地上の銅-ニッケルめっき
鉄鋼素地上のニッケル-クロムめっき
鉄鋼素地上の銅-ニッケル-クロムめっき
鉄鋼素地上のニッケルめっき
鉄鋼素地上の無電解ニッケル-りんめっき

試験方法 : JIS H 8617 附属書3
JIS H 8626 附属書1
JIS H 8645 附属書5 3.1

密着性試験
テープ試験方法

試験対象 : 金属素地上に施した電気めっき及び化学めっき

試験方法 : JIS H 8504 15.1

クロメート皮膜
6価クロム定性試験

試験対象 : 電気亜鉛めっき上のクロメート皮膜

判定方法 : スポットテスト法

試験方法 : JIS H 8625 付属書2 3.2

6価クロム定量試験

試験対象 : 電気亜鉛めっき上のクロメート皮膜

定量方法 : ジフェニルカルバジッド吸光光度法

定量範囲 : 0.0001mg/cm2≦Cr(Ⅵ)

試験方法 : JIS H 8625 付属書2 4.1

計量証明事業所

“水又は土壌中の物質の濃度” 区分について登録。
この区分における計量結果については、計量証明書を交付することができます。
主に工場排水の分析を行っております。

  • 品質保証規格

    計量証明事業登録 福井県 濃度 101号

    水又は土壌中の物質の濃度

環境基本方針

基本理念

清川メッキ工業株式会社は、「自由なる創意の結果が、大いなる未来を拓く」という企業理念の下に、全社員の創意によるあらゆる企業活動の面で、地球環境の保全に配慮し行動します。

基本方針

「品質・環境による地域社会貢献」をスローガンとし、これを推進させるための主な活動項目を以下に挙げる。

  1. 当社独自のナノめっき技術による製品の小型化で、省資源、省エネ化を進め地球環境を守り、環境汚染を防止するため、めっき加工の事業活動及び事業活動によって製造された製品が環境に与える影響を的確に捉え、環境に関する法規制並びに当社が同意するその他の要求事項を遵守し、自主的改善目標を定め、毎年の見直しを通じてパフォーマンスの継続的改善に取り組みます。

  2. 環境マネジメントシステムについて環境内部監査を実施し、自主管理による環境マネジメントシステムの継続的な改善を推進します。

  3. 当社の事業活動に伴い、経済的・技術的に可能な限り環境負荷の低減に配慮した下記の環境保全活動に取り組み、環境目的及び目標を設定しその達成に向けて全従業員が参加し実行します。

    1. 省エネルギーと生産効率化によるCO2排出量削減
    2. 技術開発による環境負荷の大きい資源の使用量削減
    3. CSR経営による社会投資活動
  4. 特定施設使用業者(電気めっき)としての安全衛生対策を万全にし、定常時、非定常時、緊急時のいずれの場合も環境に与える負荷が最小限になるように予防措置及び対応方法を定め、訓練を実施します。

  5. 環境改善を実行し維持するための環境教育を、全従業員に実施し本方針の理解と環境に関する意識向上を推進します。

  6. 環境マネジメントシステム構築に対する支援を通し、各種産業界及び福井県内の環境保全に対する活動に貢献します。また、足羽川に隣接した立地条件を認識し、水と自然を大切にする活動を通し、地域住民とコミュニケーションを図り地域社会に貢献します。

この環境基本方針は全従業員に周知するとともに利害関係者に開示します。

清川メッキ工業株式会社
代表取締役社長

iso-colorbox-topsign

品質基本方針

基本理念

清川メッキ工業株式会社は、「自由なる創意の結果が、大いなる未来を拓く」という企業理念の下に、 「不良0」を最大の目標とし、全社員の創意による、あらゆる企業活動の面で、品質要求を満たすために活動します

品質方針

「品質・環境による地域・社会貢献」をスローガンとし、これを推進させるための主な活動項目を以下に挙げる。

  • a.当社は、要求される製品の品質を達成し、維持するため、めっき加工品の設計・開発及び製造の事業活動及び事業活動によって製造された製品の品質を的確に捉え、RoHS指令・REACH規制をはじめとして、関連する法規制及び当社が同意する品質要求事項を遵守することで、顧客満足の向上に努めます。

  • b.自主的改善目標を立案し、毎年の見直しを通じて継続的に、品質要求事項の適合、及び品質マネジメントシステムの有効性の改善に取り組みます。

  • c.顧客及び他に引き渡される製品の品質要求事項が、現在も将来も達成できるだけの品質保証体系の確立に取り組みます。又、組織の活動に合った品質目標を設定し目標達成を目指します。

  • d.この品質基本方針は全社的に公表し、全ての顧客及び社会のニーズに継続的に合わせるため、全従業員に対して品質に関する教育を実施し、本方針の理解と品質に関する意識向上、当グループの組織としての活動の質の改善を推進します。また、品質要求事項が満たされ、維持、改善されていることにより、社長及び全従業員が、地域と社会に貢献しているという自負を持てるよう活動します。

  • e.内部品質監査、マネジメントレビューを通じ、自主管理による品質マネジメントシステムの継続的改善により、品質マネジメントシステムの要求事項が満たされているという信頼性を確立します。

これらの方針に沿って活動し、品質目標を具現化するため、「経営方針書」を発行し、それによって、部門毎の目標を定める。

清川メッキ工業株式会社
代表取締役社長

iso-colorbox-topsign