めっき技術 TECHNOLOGY

配線形成 低抵抗 低熱伝導 高導電 接合性 耐食性 ニッケルめっき(Ni) 銅めっき(Cu) 主要技術 磁⽯へのめっき Plating on the magnets

1991年に、世界で初めてNd系磁⽯のめっき量産化に成功しました。
量産化から30年、現在では、Nd系磁⽯表⾯を殆ど荒らすことなく、密着性の良い、ニッケルめっきを⾏うことが出来ます。内径のある素材や形状に凹凸がある複雑な素材でも均⼀にめっきを付ける事が可能です。

対応基材

Nd系磁⽯(ネオジム磁石)、Sm系磁⽯(サマコバ磁石) など
※⾦属以外の材料が混合した成形品についてもご相談下さい。

対応可能な仕様と機能・特性

量産実績有り
無電解ニッケル 皮膜形成
電解ニッケル 高密度化、小型化
電解銅/ニッケル 耐食性、接着性

上記以外の仕様についてもお気軽にご相談ください

技術の特徴

ソフトエッチングと密着強化を両⽴

めっき前処理時で、Nd系磁⽯表⾯を、殆ど荒らすことなく、密着性の良いニッケルめっきが可能です。
従来⼯法と⽐べて
エッチング量︓1/10減少
密着強度︓約2.5倍向上
※ Nd系磁⽯の材質および形状により変化する場合が御座います。


1mm単位の磁⽯にもめっき可能

1mm単位の⼩さい磁⽯にもめっき処理が可能です。
特殊な攪拌機構により均⼀にめっき膜を付ける事ができます。
その他、標準的な⼩、中サイズから⼤サイズ(※上限はありますので要相談下さい。)に⾄るまで幅広いサイズ、形状に対し、柔軟に処理⽅法を選択しめっき処理を⾏う事が可能です。
数個単位など少量スケールの対応も可能です。


⾮接触の⼨法測定可能


マイクロメーターでは測定が難しい微⼩サイズ(1mm以下)の⼨法測定も対応可能です。
⼀度に複数の同時測定が可能です。
⾮接触測定なので、製品を傷つけません。

Q&A

  • どのような磁石へ対応が可能ですか。

    Nd系希土類磁石、Sm系希土類磁石等へのめっきが対応可能です。また、金属以外の成分が混ざった磁石も素材成分に応じて工法を検討させて頂きます。

  • 耐食性を上げる為に厚付けめっきは可能ですか?

    可能です。30μm以上の厚付け実績が御座います。ご希望に合わせて対応させて頂きます。ただし、蛍光X線のような非接触測定はできません。代わりにめっき前後での差分により膜厚を測定する事は可能です。

  • 無電解Niめっきの選択条件は何ですか?

    組立部品のような厳しい寸法精度を要求される場合、または穴形状のような内側にめっきが入りにくいもの、複雑な形状のものは膜厚差異の生じにくい無電解めっきをお勧めします。

用途や導入例

  • ⾞載部品に用いられます
  • 家電部品に用いられます
  • 各種モータ・センサなどに用いられます

関連する分析技術

関連・類似のめっき技術

お問い合わせ・試作依頼