スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2015年2月  来月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

日経テクノロジーonline掲載

「日経テクノロジーonline」HPより一部抜粋
【「日経テクノロジーonline」HPより一部抜粋】

日経テクノロジーonline「ライバルに差をつけろ、技術者のための最新めっき活用」のコーナーに当社の「ナノめっき技術」が掲載されております。
当社は微細な電子部品にめっきを施す技術が高く評価されており、電子部品の中で最小サイズである「0402」(0.4×0.2mm)にも対応し、この分野でトップクラスのシェアを持っています。
ナノめっきは、この微細な電子部品の延長線上にある技術で、母材のサイズが数百nm、そこにめっきする膜厚が数十nm、パターニングなどの皮膜制御もナノレベルというのが「ナノめっき」である。

キーワード:自動車、車載、エネルギー、環境、インフラ、システム、医療、メディカル、バイオ、航空機、ロボット、宇宙


リンク
【ナノめっき】既成概念を捨て新境地を開く:日経テクノロジーonline

リンク
お問い合わせ

テーマ:心ときめく技術力    【 2015年02月10日 】


県科学技術学術大賞特別賞受賞

この度、清川メッキが、福井県版のミニノーベル賞と言われている県科学学術大賞の特別賞に選ばれました。
「めっき皮膜中の環境規制物質微量分析の開発」では、RoHS指令を始めとする環境分析を、極わずかなサンプル量でめっきレベルまで測定する分析法を確立しました。
お客様の思いに答えるべく、私達が長年取り組んできた結果を評価していただきました。
この分析法の確立は、より少ない量でより早くを求められている状況には欠かせない技術となっております。
特に、製品のスクリーニング検査でNGやグレーになった部品をどこが原因なのか(母材かめっきか半田か等)を調べるには不可欠です。

この賞を励みに、今後も技術開発に力を入れていきたいと思います。


キーワード:自動車、車載、エネルギー、環境、インフラ、システム、医療、メディカル、バイオ、航空機、ロボット、宇宙


リンク
製品のままRoHS分析

リンク
受託分析お問い合わせ

テーマ:嬉しい受賞・認定    【 2015年02月06日 】


日本経済新聞記事:車向け半導体加工強化」

当社が注力しているパワー半導体への新めっきラインの記事が日本経済新聞に掲載されました。
パワー半導体はハイブリッド車(HV)や電気自動車(EV)のモーターの駆動を操る重要な部品であり、今後ますます生産量が伸びていきます。
当社では、今後増加していくパワー半導体の需要にこたえるべく、現行の2倍の能力を持つ生産ラインを導入し、今年末の本格稼働を目指しております。

キーワード:自動車、車載、エネルギー、環境、インフラ、システム、医療、メディカル、バイオ、航空機、ロボット、宇宙


リンク
半導体めっき技術

リンク
めっきお問い合わせ

テーマ:お知らせ    【 2015年02月05日 】