スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2015年6月  来月>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

医療機器 開発・製造展(MEDIX)が開催されております

医療機器 開発・製造展(MEDIX)が東京ビックサイトにて開催されております。
昨日の初日では、多数のお客様が、当社ブースに訪れられ、活発な商談をさせていただきました。
展示会は、明日までですので、ご来場いただけるお客様は展示会場でお待ちしております。
ご来場いただけない、お客様に関しましては、HPをご覧に頂き、お問い合わせにてお待ちしております。

医療機器 開発・製造展(MEDIX)展示会
会期:2015年6月24日(水)〜26日(金) 10:00〜18:00(26日は17:00)
会場:東京ビックサイト 
小間番号:東6ホール 東31-20
 展示会では、当社技術スタッフがご説明させていただきますので、お気軽にお声掛けください。

チタン素材への表面処理技術
難素材である、チタンに、めっきや陽極酸化、化成処理が出来ます。
チタン材へのめっきを行うことにより、他のチタン部品との接合が可能となったり、機能性の付与、導電性の改善が出来ます。
陽極酸化では、着色剤を使用することなく、カラーリングが出来、器具の識別、親水化処理、光触媒効果が出ます。
化成処理では、黒色化することにより、光反射の効果が期待できます。



複合めっき技術
Ni-PTFEめっき皮膜で、PTFEが30〜35Vol%とこれまでにない、高含有PTFEめっき皮膜を実現しました。
従来よりも、撥水性、平滑性、汚れ付着防止性が向上しております。

硬い・滑る めっき技術
耐摩耗性、摺動性、耐熱性、耐食性が良い、めっき皮膜のご紹介です。
使用するめっき金属により、それぞれ、特性が異なりますので、お客様に合った、めっき皮膜をご提案させていただきます。

医療機器・医療製品の受託分析
医療用途は、人体に直接触れるケースが多く、有害物質が含まれていたり、異常品が有ったりしたら、人命に関わる可能性があります。
当社では、RoHS指令などの有害物質を、極少量のサンプルで分析が出来ます。
また、様々な分析機器にて、めっき不良をプロの立場で、解析させていただきます。

各種貴金属めっき技術
医療用途として、人体に影響が無い、貴金属めっきをご提案いたします。
硬質Auめっき:純金で最大220Hvの硬度のAuめっきが出来ます。
白金めっき:触媒やセンサー用途として使用出来ます。
ロジウムめっき:耐薬品性が非常に高く、王水でも溶解しません。

黒色表面処理技術
光反射防止として、黒色処理が出来ます。
黒色化は、Cuの化成処理や黒色Niなど、黒色化の処理方法の違いで、反射率が異なります。



リンク
医療機器 開発・製造展(MEDIX)

リンク
お問い合わせ

テーマ:展示会    【 2015年06月25日 】