スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年2月  来月>>
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

継体時代のハイテク ”冠にメッキ権威示す”

福井県立歴史博物館の“古代のテクノロジー展”とコラボレーションにより、福井新聞も、特集をくみました。福井には、多種多様なハイテク技術が1500年前より創造され、継承されてきました。その歴史が今も続いている!ロマンを感じる特集でした。
(福井新聞平成19年11月7日)
金の冠や耳飾りをつけ、居並ぶ家来の前に姿を現した豪族。光輝く装身具の数々は、その権威を高めるのに十分な効果を発揮したでしょう。
 国内で金や銀の装身具が使われるようになったには、五世紀のことです。最初は、朝鮮半島や中国の製品が持ちこまれるだけでしたが、五世紀後半には製作技術が伝わり、国内での生産が始まりした。
 金や銀の加工に使われた技術のうち、とくに重要なものがメッキです。豪族たちが使った冠や耳飾り、帯金具や靴のほとんどに、この技術が使われていたからです。
 当時のメッキは、金を溶かした水銀を銅や銀に塗り、これを加熱して水銀を蒸発させるという方法で行われていました。この方法は、電気を利用したメッキ法が広まる近代まで、千年以上にわたって使われ続けたのでした。
 写真は、二本松山古墳(永平寺町)で出土した冠の復元品(清川メッキ製)です。銅版に金メッキをして作られています。五世紀を終わりごろのもので、国内では再古級の冠とされています。この冠が越前製か畿内製かは判明していません。しかし、当時最先端の技術で作られた製品が、いち早く越前にもたらされていたことは確かです。この地域の先進性と、国内での勢力の大きさを物語っています。(県立歴史博物館学芸員・中原義史)

 特別展「古代テクノロジー継体大王の時代の最新技術」は、県立博物館で十二月二日まで開催中


テーマ:めっき冠が復元されるまで    【 2007年11月08日 】


古代と現在の技術継承(福井新聞10月28日)

テクノロジーの時代と言われていますが、1500年前の継体大王の古代と携帯電話の現在のハイテクは、共に高い技術力が、地域をささえると言う事実は時代が変わっても変わらないと解説されています。福井県内には5世紀にメッキ技術、金属加工技術があったとみることができます。日本海を経て大陸や半島との交流もうかがわせます。統一国家が形成される糧で中心となった畿内からも北陸は技術、経済力を持った侮れない地域といえます。当時の技術と現在のハイテク産業を直接結びつけるのは、無理があるかもしれませんが、不思議と福井県内に先端技術として存在するから興味深く、発想に共通のものがあると感じられます。


テーマ:めっき冠が復元されるまで    【 2007年11月01日 】


ものづくりシンポジウム<こしの都千五百年プロジェクト>

2007年11月18日(日)13時〜17時に越前市文化センター大ホールにて「ものづくりシンポジウム<こしの都千五百年プロジェクト>が開催されます。ものづくりの遺伝子、脈脈とをテーマに、古来のものづくりを再現した品物が数々展示されます。清川メッキが復元に協力した、大刀、冠帽も展示されます。古代テクノロジーが今の技術に受け継がれた歴史を感じて頂ければと思います。


テーマ:めっき冠が復元されるまで    【 2007年10月29日 】