スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2020年7月  来月>>
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

忠ちゃん奮闘記「ダミー」

「ダミー」
 福井松下電器(株)様森田工場(現:パナソニックAIS社)で、始めて固定抵抗器の製造をすることになった。今日より33年余り前の話である。当社でめっき試作と実験を行う事になった。俗に言う8Gタイプ(3.2mm×1.6mm)の大きさの製品で有る。当時当社は、大きなロールやシャフトなどの織機のクロームメッキを得意としていた。電子部品は実のことを言うと、始めて目にする商品である。知らないとも言えず、引き受ける事にした。小型バレルに製品を入れるが、余りにも小さいので、電極が取れない。ダミーを入れなければならない。その当時は線ダミーであった。しかし余りにも製品が小さい為、メッキ品質のバラツキが大きく、重大な影響があった。
 別の仕事で、鋳物の砂落としをしたり、歯車などのピーニング加工に使う鋼球と言う鉄球を使用していた。その鋼球をダミーに使ってみたらどうかという事になり、使用してみると、非常に良い結果であった。ダミーとして鋼球をめっきのダミーに使用したのは、日本中いや世界中その頃は無かった。現在でも電子部品小型めっきは、世界中で鋼球の小さな鉄球が使用されている。特許を取っていれば、今頃は左うちわかも知れない。
残念、残念・・・・・。


リンク
忠ちゃん奮闘記 めっき屋でござる

リンク
めっきお問合わせ

テーマ:忠ちゃん奮闘記    【 2013年05月21日 】


忠ちゃん奮闘記「二重橋将棋倒し事件」

二重橋将棋倒事件
私が中学二年生の時、いまから四十四年前初めて、東京の親戚へ行った。
十二月三十日、直江津回りで王子の駅を過ぎると上野止まりの夜行列車で行った記憶が宿る。一月二日より二日〜三日の間、天皇御一家が皇居で一般参賀の日であった。
二重橋を渡るとその前に大きな門が在る。大きな門が開かれるまで一般参賀者が押しかけ、開門時間にいっぺんに大勢の人々が押しかけ将棋倒しになって、何人かが亡くなった事である。
私達は、二日に参拝したのか、三日に参拝したのかは忘れたが、その事件には巻き込まれることなく、無事皇居一般参賀ができた。今思うと、一般参賀のスタイルと今もあまり変わっていないと思う。
ちょうど冬休みであったので、一週間か十日ぐらい東京にいたと思う。今も在るか無いかは確認したわけではないが、東京国際劇場で、当時ラジオ連続ドラマで一世風靡した「君の名は」であった。その「君の名は」の芝居を見に連れて行ってもらったことを記憶している。佐田啓二と岸恵子が出演していた。あまりの大入満員でびっくりした。
当時、まち子巻きが大流行であった。


リンク
忠ちゃん奮闘記 めっき屋でござる

テーマ:忠ちゃん奮闘記    【 2013年03月22日 】


忠ちゃん奮闘記「瓦とじ」

 福井大震災の時、町内又、地区の殆どが全壊又半壊状態で屋根瓦はほとんど地面に落ちてしまった。小遣い銭を稼ぐため、近所の友達と瓦を繋ぐ銅線を集め、くず鉄屋さんに売ってお金にしたもので有る。布、ぞくに言うぼろ布も、高く売れる布があった。そのころ、ふくりんと言っていた。今思うと、ふくりんとは絹織物のことを言っていたように思う。なぜ絹織物のぼろ布が売れたのか今でも理解出来ない。ぼろ布状態で有れば、再利用も再生も出来ないからである。小学生二年生の時で有った。


リンク
忠ちゃん奮闘記 めっき屋でござる

テーマ:忠ちゃん奮闘記    【 2013年02月22日 】