1. TOP>
  2. 受託分析一覧>
  3. 環境試験

受託分析

環境試験一覧

環境試験前後での製品変化の観察や評価も対応可能

製品を厳しい環境下に置き、試験を行います。高温度、高湿度(飽和型・不飽和形)、氷点下から高温の熱サイクル、塩水噴霧など、目的に応じた環境試験を行います。

電子部品の加速試験→試験前後での半田濡れ性比較/半導体のヒートサイクル試験→試験前後での表面状態比較
Niめっきの塩水噴霧試験→レイティングNo判定による耐食性確認