社長メッセージ
Message from the President

地味に確実に

異業種の集まりで初めて名刺交換する相手の方から「テレビや新聞によく出ている技術がすごい会社ですね」と言われるようになってきました。当社はB to B(企業間の商取引)がほとんどで一般の方々や異業種の企業とお仕事をすることはありません。昔だとめっきといえば公害問題や3K職場のイメージがあり、技術に凄いと言われる事も皆無でした。これは新聞やテレビ、雑誌に当社を取り上げていただく機会が増えてきた事が要因だと思います。

全国発明表彰(平成26年)、福井県科学技術大賞(平成27年)、日本でいちばん大切にしたい会社 中小企業長官賞(平成27年)、JABアワード 品質マネジメントシステム部門(平成27年)などで、技術、品質、経営の面で日本のトップクラスだという称号を頂けたのは社員皆様のたゆまない創意工夫の努力があっての事だと思います。

今年は新たに文部科学大臣表彰(技術部門)を頂きました。この賞は我が国の科学技術の発展等に寄与する可能性の高い独創的な成果を収めた者を対象として授与されるもので、受賞分野には「研究部門」「開発部門」「技術部門」があります。「研究部門」の受賞者は主に大学の先生方で、全く新しい事を見出すこと0→1にするような研究をされています。「開発部門」の受賞者は大企業開発者が多く、研究で見つかった事をいくつか組み合わせて新しい製品を作る事、1→10にするような開発をしています。当社が受賞した「技術部門」では、開発された製品の性能を最大限に引き出し、適切なコスト設計をして、最高の品質に仕上げることで、10→100にするような技術が評価されました。世の中には沢山の中小企業がありますが、その中でより満点の100に近いものを作り上げる会社と評価して頂いたことは、皆様とやってきた方向性が間違っていなかったのだと大変嬉しく思います。

会社としては、「売り上げを上げよう」「会社の規模を大きくしよう」といった目標を立てたことはなく、どちらかといえば地味に確実に成長できればといった経営をしてきたかと思います。昨年から本格的に立ち上ったパワーデバイス半導体のおかげで社員数が若干拡大しましたが、これからも「目の前のお客様に対して精一杯の仕事をする」ことを主眼とし、社員皆様の「人としての成長」も加味したうえで「地味に確実に」成長し続けていきたいと思います。

代表取締役社長清川 肇