人事担当メッセージ
Message of Human Resources

自分の強みが、先輩、仲間、
そして、チャンスにより引き出される


清川メッキ工業株式会社は、「自由なる創意の結果が、大いなる未来を拓く」の企業理念のもと、53年間成長してきました。
その結果、この25年間で、社員が3.5倍となりました。企業の平均寿命は23.5年です。海外大手金融機関や国内大手総合電気メーカーなど、名立たる企業も次々倒産してしまいます。なぜ、倒産したのか?大きくは3つ理由があると思います。「@急成長しすぎたA次の技術を生み出していなかったB変化に対応できなかった」からではないでしょうか。清川メッキは、50年かけ少しずつ成長し、次の技術として、一般メッキ→チップバレルめっき→合金めっき→半導体めっき→医療めっき→ナノめっきへと変化に対応できる技術を生み出し続けて、通信Iot、自動車、医療バイオ、ロボット、宇宙、エネルギー分野へ進出していきました。そして、変化に対応するためには、人です。トップから新入社員まで変化を楽しみ、自分を成長、進化させることで、会社、社会に貢献していく環境が、清川メッキにはあります。
自分を自分で活かす事は難しく、自分を変える事も難しいことです。しかし、自分を活かせる環境と自分を変えるきかっけがあれば、人は、成長し、進化します。
荒削りでも、自分を大切に、仲間を大切にする思いがあれば、清川メッキは、あなたの成長を会社がサポートしていきます。
平成30年の全国めっきコンクール(全国のめっき職人が競い合う競技会)で、弊社の入社3年目21歳の若手社員が、厚生労働大臣賞(日本一)となりました。他社のめっき職人は、40〜60歳に到達する栄冠をわずか3年で成し遂げました。彼は、普段は、ラップを趣味とし、まじめというより、極めるタイプです。普段の愚直な行動と積極的な姿勢で、今回、コンクール参加に大抜擢され、過去に日本一になった先輩に仲間と共に指導を受けていました。初めは、自信満々で取り組んでいましたが、その壁の高さに自信を失いかけていました。しかし、先輩から熱血指導や激励により、徐々に自信を取り戻し、何度も失敗し、失敗から次の改善事項を見つけていきました。彼を合わせ6人がコンクールに挑戦し、各自がライバルであり仲間です(6人中4人が入賞)。各自で得られたデータや結果を仲間で共有し、それぞれが技術を高めていきました。2か月間の訓練で、彼の顔は、会社員ではなく、職人になっていました。会社に依存するにではなく、自分で会社を変えていこうとする自立した大人になっていました。
今回、彼の強みが、先輩、仲間、そして、チャンスにより引き出されました。
ぜひ、あなたも清川メッキで強みを活かし、仕事と社会貢献活動を通し、我々といっしょに挑戦し成長していきましょう!お会いできる日を楽しみにしております。

専務取締役 清川 卓二