清川メッキTOP > 企業案内 > 循環型社会への貢献


ご挨拶
企業理念
会社概要
アクセス(地図)
沿革
経営戦略
システム及び認証
ISOの世界
循環型社会への貢献
国家資格取得者
組織

企業案内

  循環型社会への貢献
  環境パフォーマンス・エコサポート活動
社員が誇れる企業経営
コミュニケーション活動の強化(学生)
コミュニケーション活動の強化(地域)
コミュニケーション活動の強化(産業界)
コミュニケーション活動の強化(自治体)
福井市家庭版環境ISOの企画・参加
コミュニケーション活動の強化(めっき業界)
コミュニケーション活動の強化(メディア)
コミュニケーション活動への評価

物理的、ハード貢献から精神的、ソフト、サービス的貢献へ
我々のめっきは、携帯電話やパソコンの中の部品に使用され一般消費者の目に触れることほとんどない。このため、お客様はこれまで部品メーカー様であり、最終消費者との(ハード的、物理的)接点はほとんど無かった。しかし、環境、グリーン購入という視点から見ると、我々の最終消費者との接点が大いに関係していることに気づく。取り分け地域社会における消費者との社会関係作りが企業としての価値を左右する大きな要因となっている。そこで、これまで環境経営により構築してきた情報、手法、ノウハウを地域へ還元することによるグリーン購入の普及啓発活動を通し循環型社会への貢献を目指し活動を実施している。
ポイントは、実施領域に於ける活動内容の差別化である。
・地域学生 体験学習
・地域社会 共同作業
・自治体 ベンチマーキング
・地域産業界 ワークショップ
・めっき業界 活性化活動
・全国産業界 ノウハウの提供
・メディア 情報交流
清川メッキの情報資本を社会全体へ還元、これにより清川メッキは、社会関係資本として社会全体から還元されている。
(清川メッキ=環境企業)のブランド構築

 
環境パフォーマンス・エコサポート活動



環境経営・CSR経営における活動
・講演活動、工場見学、体験学習、人材登録など
5つの分野(めっき業界、産業界、自治体、地域、学校学生)に対し実施。
・8年間で、約320回 14,000人の方と交流を実施した。
△このページのトップに戻る

 
社員が誇れる企業経営

 1994年 ISO 9001めっき業界で初の認証取得
 1997年 ISO14001めっき業界で初の認証取得


環境に対するセミナー・会社見学会実施
社員が会社だけでなく、家族一丸となった取組の啓発
実施日:1997年 9月14日(日)
・会社見学(参加 150名)
・親睦会 (屋台、ゲームコーナー)
・お楽しみ抽選会(ゴミのでないパーティ)
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動の強化(学生)

地域学生の体験学習による普及啓発活動
学生体験学習実施

・高校生 (11名) 実施日:2001年 7月30日
・中学生 (41名) 実施日:2001年 8月 4日
・小学生 (15名) 実施日:2001年 9月26日
・保育園 (50名) 実施日:2001年 9月10日
・大学生 (45名) 実施日:2001年10月27日


1998年 〜 2002年6月 計36回 参加人数合計520人
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動の強化(地域)

情報開示と情報収集

地域社会との共同作業による普及啓発活動
地域の資源回収に参加協力
会社駐車場・トラック・リフトの開放
00. 5.25 和田小学校
00. 6.21 和田保育園
01. 9.14 和田小学校
01.10.12 和田保育園
02. 5.24 和田小学校
02. 6.25 和田小学校
ゴミステーションの設置
地域住民の方のために、ゴミステーションを寄贈
(カラス、鳩対策)



1990年〜2002年
計36回 参加人数合計1080人
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動の強化(産業界)

最先端の情報収集
地域社会との共同作業による普及啓発活動
先端地視察
アメリカ西海岸 環境ビジネス、エネルギー事情視察団 完了日99.10.21 参加人数 18人
 清川社長が団長にて福井県、市、商工会議所、企業
北欧環境ビジネス、エネルギー事情視察団 完了日00.21 参加人数 20人
 清川社長が副団長、清川常務参加にて福井県、市、商工会議所、企業
カナダ環境ビジネス、エネルギー事情視察団  完了日01.9.16 参加人数 20人
 清川社長が団長、清川総務部長にて福井県、市、商工会議所、企業
ドイツ・スイス「福井市環境の翼」視察団 完了日02.7.21 参加人数 50人
 清川常務が参加にて福井県、市、市民、企業

先端地海外視察自治体との情報交換によるベンチマーキングの実施





1998年〜2002年6月 計4回
参加人数合計108人

情報開示と情報提供
産業界へのノウハウの提供による普及啓発活動
産業会への支援   参加人数
・(財)広島市産業振興センター−講師 完了日97.1.21 21人
・井上会−講演依頼 完了日98.2.27 23人
・此花異業種交流会 ISO工場見学 完了日98.5. 8  8人
・JACO「ENS構築実務コース3日」事例発表 完了日98.7. 3 60人
・東海技術センターセミナー−講師 完了日98.7. 9 203人
・富山県労働基準協会富山支部 完了日98.9.18 23人
・大阪府研究開発型企業振興協議会 完了日98. 9.18 13人
・弥生会−清川メッキ工業株式会社工場見学 完了日98.10.1 23人
・大阪化学技術センター ビジネス講座 予定日98.12.1 40人
・JACO出版
「環境管理マニュアル 事例集と書き方」
松下、ソニー、東芝、日立、富士通と共に当社マニュアルが掲載
   
・松下電子部品(株)共栄会 事例紹介 完了日99.1.30 30人
・松下電子部品(株)合理化成果報告会 完了日99. 6.18 50人
・松下電器(株)合理化成果報告会 完了日99.10.9 180人
・松下電器(株)共栄会 事例紹介 予定日00.11.27 100人
・松下コンサルタント(株)への情報提供
当社のマネジメントシステムにより他の中小企業へ支援
   
・日本経済新聞社での講談会 完了日00.2.5 10人
・滋賀県環境ビジネスメッセ99講演 完了日01.9.22 600人
・社会保険労務士研修 完了日01.10.26  6人
・KTC見学 完了日01.11.1  5人
1998年〜2002年6月 計29回 参加人数合計1661人

産業界との情報公開による普及啓発活動

全国表面処理組合 近代化促進委員会
めっき業界に於けるISO取得事例
品質マニュアル、
環境マネジメントマニュアル
規程、基準、作業標準、品質記録
内部監査資料、遵法資料 無償にて業界へ公開
情報公開後3年間でめっき業界100社以上取得に貢献
JACO出版
「環境管理マニュアル 事例集と書き方」
松下、ソニー、東芝、日立、富士通と共に
当社マニュアルが紹介
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動の強化(自治体)

情報開示と情報提供
地自体(福井県、福井市)、地域産業界とのワークショップによる普及啓発活動
2002年現在の対外的な環境に関する主な役職
清川社長
  ・福井商工会議所 環境エネルギー部会 部会長
  ・全国鍍金工業組合連合会 近代化促進委員長
  ・福井県環境ISOネットワーク 会長
  ・福井商工会議所 海外環境視察団 団長
清川専務
  ・めっき専門誌「表面技術」 編集委員
清川常務
  ・福井市環境基本法策定市民の会 委員
  ・福井県ISOネットワーク 設立委員
  ・福井市家庭版ISO 企画委員
  ・福井県地球温暖化防止ガイドライン 策定委員

2002年合計22件のネットワーク化実施 ベンチマーキングの成果を地域、産業界全体へ還元
△このページのトップに戻る

 
福井市家庭版環境ISOの企画・参加

清川メッキの役割
企画の検討
策定委員 清川常務
モニター版の参加協力
社員家族 6家族
第一回参加
136家族97%が参加
第一回 2002年
福井市民の 4,000世帯が参加
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動の強化(めっき業界)

情報開示と情報提供
めっき業界との活性化活動による普及啓発活動
めっき業界への支援
  参加人数
・表面技術協会関西支社 特別講演(大阪) 完了日97. 7.24 79人
・電気鍍金研究会 日刊工業新聞社−講演(大阪) 完了日97.11.26 48人
・社団法人 表面技術協会 座談会依頼 完了日98 3.11 6人
・大阪府鍍金工業組合−工場見学・講演会 完了日98. 6.19 37人
・東北表面処理工業組合−訪問 完了日98. 8.20 38人
・大阪府鍍金工業組合「ISOシリーズめっき企業の対応策、研修会」 完了日98. 8.26 76人
・近畿アルミニウム表面処理研究会 完了日98. 9.11 14人
・全国鍍金工業組合連合会−訪問 完了日99. 9.25  3人
・群馬県鍍金工業組合−訪問 完了日99. 9.25  3人
・京都府鍍金工業組合−工場見学 完了日00.10.14 30人
・愛知県鍍金工業組合−工場見学 完了日00.10.28 17人
・大阪府鍍金工業組合「ISOシリーズめっき企業の対応策、研修会U」 完了日01.12.18 90人
・表面技術協会シンポジウム 完了日01. 3.17 100人
1998年〜2002年6月 計18回 参加人数合計766人
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動の強化(メディア)

メディアとの情報交流による普及啓発活動(最新情報の発信)
テレビ取材依頼
・TBS「ビジネスズームアップ」  (全国) 放送日98.10.
・福井テレビ「スーパーニュース」 (福井) 放送日99.1.20
1998年〜2002年6月 計15回 合計125分放送

新聞・文献・雑誌取材依頼
・98最新経営イノベーション手法(日経ビジネス) 発行日98.1   
・北陸の中堅120社(日本経済新聞社) 発行日98.12
1998年〜2002年6月 計20回

提示会・学会への出展
・福井テクノフェアー  実施日01.7.
・インターネプコンジャパン 実施日 02.1.16 〜
1998年〜2002年6月 計14回  参加人数 90,000人

ホームページへのアクセス件数
1998年〜2002年6月 計37,000件

講演 1998年〜2002年6月現在計137回 参加人数合計4,486人
メディア効果  計50件 アクセス回数40,000回以上
△このページのトップに戻る

 
コミュニケーション活動への評価
2002年度 日本環境経営大賞

環境経営パール大賞
(株)滋賀銀行 本店 (滋賀県)

環境経営優秀賞
(株)INAX 伊賀工場 (三重県)
京セラ(株) 鹿児島国分工場 (鹿児島県)
清川メッキ工業(株) (福井県)
(株)豊田自動織機 本社部門・刈谷工場 (愛知県)
ワタミフードサービス(株) 営業本部 (東京都)
ページTOPへ