清川メッキTOP > 企業案内 > 沿革


ご挨拶
企業理念
会社概要
アクセス(地図)
沿革
経営戦略
システム及び認証
ISOの世界
循環型社会への貢献
国家資格取得者
組織

企業案内

  沿革

1963年04月 「清川メッキ工業所」創業
1968年11月 「清川メッキ工業株式会社」設立
1971年04月 アルミ合金リムを開発
1975年04月 電子部品関連分野に進出
1982年04月 「清川科学技術研究所」設立
1984年12月 関連会社「キヨカワ電子株式会社」設立
1988年08月 機械組立分野へ進出
1991年09月 環境整備優良事業所(全国鍍金工業組合連合会)
1993年04月 「通産省近畿通商産業局技術改善費補助金事業所(国)」認定取得
1994年04月 「中小企業硬度技術開拓事業、独創的技術開発事業(県)」認定取得
1994年11月 全国めっき技術コンクール バフークロムめっき部門 労働大臣賞他全チーム受賞
1994年11月 全国めっき技術コンクール 研磨技術クロムめっき部門 労働大臣賞受賞
1994年12月 品質システム「ISO9001」認定取得
1995年09月 清川メッキ歴史館完成(忠考庵)
1995年09月 「福井県技術改善費補助金(創造的大型研究事業所)」認定取得
1995年12月 排水処理純水リサイクル装置完成
1997年07月 福井労働基準局長進歩賞 受賞
1997年08月 福井県新産業創造推進人材育成事業
1997年11月 環境マネジメントシステム「ISO14001」認定取得
1998年05月 福井県創造技術研究開発費補助事業
1999年06月 エネルギー使用合理化 新規産業創造技術開発費補助事業
1999年07月 独創的研究成果育成事業
1999年11月 全国めっき技術コンクール 亜鉛めっき部門 労働大臣賞受賞
1999年11月 全国めっき技術コンクール バフ研磨−装飾クロムめっき部門 労働大臣賞受賞
1999年11月 全国めっきコンクール 2部門労働大臣賞
2000年06月 課題対応新技術研究調査事業
2000年11月 森田工場完成
2002年01月 先端技術開発センター設立
2002年02月 品質マネジメントシステム「ISO9001」認定取得追加
※清川メッキ株式会社 森田工場・アルファバンピングテクノロジー株式会社
2002年11月 全国めっき技術コンクール 研磨−装飾クロムめっき部門 労働大臣賞受賞
2003年03月 日本環境経営大賞 優秀賞受賞
2003年05月 福井県科学技術大賞 受賞
2004年04月 都市エリア産学官連携促進事業
福井まんなかエリア:福井県産業支援センター
「ナノめっき技術による機能性微粒子の創製と新型燃料電池システムの開発」  
「ナノめっき技術による原子力システム安全・高信頼性化技術の開発」
2004年09月 日本初 環境配慮型経営各付 無担保私募を債発行(日本政策投資銀行)
2004年10月 第7回グリーン購入大賞 中小事業者部門 受賞
2005年08月 第一回 ものづくり日本大賞 経済産業大臣 特別賞受賞
2006年03月 元気なモノ作り 中小企業300社 経済産業省選定
2006年04月 重点地域研究開発推進事業
独立行政法人技術振興機構
ナノめっき技術を用いた高強度Mg系複合材料の実用化技術開発」
2006年04月 都市エリア産学官連携促進事業(発展型)
福井まんなかエリア:福井県産業支援センター
「高容量・高信頼性リチウム電池用材料開発」
「プレス成型可能な炭素繊維強化アルミニウム合金開発」
「高効率タンデム型太陽電池搭載ポータブル電源の開発」
「テラヘルツデバイスの開発と原子力システムの高信頼化への応用」
2006年06月 明日の日本を支える元気なモノ作り中小企業300社 経済産業省選定
2006年08月 中小企業新事業活動促進法に基づく経営革新計画の承認
2006年09月 清川メッキ工業株式会社 先端技術研究センターの拡張工事が完成しナノめっき能力倍に
2006年10月 国税庁長官納税表彰受賞
2006年11月 第3回 日経ものづくり大賞 受賞
2006年11月 社会保険庁長官表彰を受賞
2007年03月 原子力分野に進出
2008年02月 めっき業界としては初めて、試験所認定の国際規格であるISO/IEC17025の認定取得
2008年11月 全国めっき技術コンクール 装飾クロムめっき部門 労働大臣賞受賞
2010年01月 創業者 清川 忠 会長就任
二代目 清川 肇 社長就任
2010年07月 ISO14001においてASRP審査適用合格
ASRPとは、Advanced surveillance and reassessment procedures(先進的サーベイランス・更新審査手順)の略
2010年11月 全国めっき技術コンクール 研磨−装飾クロムめっき部門 労働大臣賞受賞
2011年06月 医療分野に進出
2011年11月 全国めっき技術コンクール 装飾めっき部門 労働大臣賞受賞
2012年01月 キャリア教育アワード受賞
2012年02月 ISO/IEC17025認定範囲拡大(計7項目)

1963年、化学好きの一人の青年の手によって福井市和田に小さなめっき工場が産声をあげました。そこでは、染色や工作機械などから土木建築資材、自動車のバンパーやハンドルに至るまで様々な分野のめっき処理を行なう一方で、独自の表面処理技術の開発も進められていました。創意工夫に満ちた社長と社員の意思によって、新しい試みが始まったのです。
「めっきの機能を超えためっきをつくりたい─」。そんな社長の思いは、1971年、一つのカタチとなって実現しました。めっき表面処理技術を応用して「アルミ合金リム」を開発したのです。オートバイ用のリムとしてアルミ合金の電解研磨における様々な問題点を解決し、ただ単に美しいだけでなく、腐食にも強い表面処理技術を実現したのです。
オートバイリムの成功は、清川メッキの名前を日本全国に知らしめただけでなく、 この会社がもつ開発力にさらに磨きをかける効果をもたらしました。
オートバイリムが好調な滑り出しを見せていた同じ時期、電子関連分野への参入を開始。家電メーカーとの共同プロジェクトから、電子部品めっき加工に進出。それは、あらゆる電化製品の急成長にともない、大きく飛躍していったのです。
このようなたゆまない技術と創造力の躍進は、1994年、ISO<9001>取得の原動力となり、清川メッキは世界に向けて大きな一歩を踏み出したのです。
 
ページTOPへ