スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年8月  来月>>
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

フェライト材、LTTCC材など難素材電子部品へのめっき加工

表面実装部品(SMD)は30年以上も前に誕生してから、サイズ、形状、材料などの様々な変化を経て現在まで、多岐にわたる製品の回路形成に重要な役割を果たしてきました。
サイズ、形状、材料の変化は、それらSMDの端子部分にめっきする立場である我々に、新しいめっき工法、新しいめっき液を開発していく上での良い機会を提供してくれています。
ここではSMDに分類される電子デバイスの中でも特に、めっき加工が難しいとされる難素材に対する当社独自のめっき(電解)加工方法についてご紹介します。
めっき伸びを解決するための手段をはじめ、難素材に関する様々な課題に対して清川メッキは、常に新しいめっき液、新しいめっき工法、更にはお客様のご要望に応じた緻密な試作対応にて製品を商品として世に送り出しています。


リンク
チップ部品の問題解決

テーマ:心ときめく技術力    【 2009年03月31日 】