スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年12月  来月>>
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

「福井の経済と経営者」の講義を行いました

7月8日(月)に福井大学にて「福井の経済と経営者」と題した講義があり、清川専務が講師として講演を行いました。
また、清川専務の講演の後には、若手女性社員による、めっき技術の紹介と自分の仕事の役割についてプレゼンを実施しました。

女性社員は、社外でしかも大勢の前でプレゼンを行うことは初めてでしたが、念入りな資料作りと練習により、立派に大役を果たしました。
その、プレゼン後の感想をご紹介いたします。
「今回は、めっきの役割についての話でしたが、初め考えたときは、例えば「役割とは防食だ」でおわりの表面上の内容の薄いものでした。「役割は錆から守ることで、長寿命化され、資源を守り、更に人々も守る」といった先のことを考えていませんでした。「錆から守るから→長寿命→更に人のためになる」といった矢印の先のことが一番重要であり、今回の発表の「めっきの役割」の話だけでなく、日頃の仕事においても同様のことが言えると思います。常に先のことを考えて、本質的な役割や状態を考えることが重要だと感じました。
 また、学生を見ていて感じたのは、ほとんどの学生は、とてもまじめに話を聞いていて、会社のこと、経営のことなどに、強く興味を感じていることに感心しました。あまり、興味がなくただ出席して単位を取得するためだけにいる学生が多いのではないかと思っていたので、驚きました。
 今回の発表で学んだことを、朝のスピーチや他の発表で活かしていきたいと思います。また、普段、仕事の中で伝える時(例えば、現場の人に分析結果を伝える時や、部署内での討論)に、今回学んだ「要点をまとめて、しっかりと話す」ようにしていきたいと思います。」


テーマ:講師派遣    【 2013年08月01日 】