スマートフォン版を表示

過去のニュース一覧

カレンダー
今月へ戻る
<<先月  2019年4月  来月>>
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30
テーマ別 最新の記事 アーカイブ

忠ちゃん奮闘記「二重橋将棋倒し事件」

二重橋将棋倒事件
私が中学二年生の時、いまから四十四年前初めて、東京の親戚へ行った。
十二月三十日、直江津回りで王子の駅を過ぎると上野止まりの夜行列車で行った記憶が宿る。一月二日より二日〜三日の間、天皇御一家が皇居で一般参賀の日であった。
二重橋を渡るとその前に大きな門が在る。大きな門が開かれるまで一般参賀者が押しかけ、開門時間にいっぺんに大勢の人々が押しかけ将棋倒しになって、何人かが亡くなった事である。
私達は、二日に参拝したのか、三日に参拝したのかは忘れたが、その事件には巻き込まれることなく、無事皇居一般参賀ができた。今思うと、一般参賀のスタイルと今もあまり変わっていないと思う。
ちょうど冬休みであったので、一週間か十日ぐらい東京にいたと思う。今も在るか無いかは確認したわけではないが、東京国際劇場で、当時ラジオ連続ドラマで一世風靡した「君の名は」であった。その「君の名は」の芝居を見に連れて行ってもらったことを記憶している。佐田啓二と岸恵子が出演していた。あまりの大入満員でびっくりした。
当時、まち子巻きが大流行であった。


リンク
忠ちゃん奮闘記 めっき屋でござる

テーマ:忠ちゃん奮闘記    【 2013年03月22日 】